飲酒プロコン・競プロ忘年会参加記

12/22に行われた競プロ忘年会と、その0次会である飲酒プロコンに参加しました。

飲酒プロコン

飲酒プロコンについては下の記事を見るとよくわかると思います。

wass80.hateblo.jp

kenkoooo.hatenablog.com

あと今回の飲酒プロコンに参加したblue_jamさんの記事もあります。

blue-jam.hatenablog.com

始まるまで

参加者には
SRMに出てて寝坊する競プロerの鑑
SRMには出てないけどとりあえず寝坊する人
・主催者なのに寝坊するkenkooooさん
などがいました。
僕はギリギリ入店には間に合いました。えらいなぁ~~

コンテスト

今回のルールは、「最初は問題を1問開く権利がある。アルコール10ml(ワイン1杯 or ビール0.5杯)飲むと提出を1回する権利と問題を1問開く権利が得られる」といった感じでした。
セットは旧ABCから持ってきた現行のABC級6問+暇つぶし用のDifficulty赤問題でした。
最初は1問だけ開く権利があるので、どれから始めるか迷いましたがとりあえず知っている中で一番難易度の高いナップサック問題を開きました。最初から提出用にちびちびビールを飲んでいたのが悪かったのか、実装で色々バグらせて28分ごろにようやくAC。この時点で既に3~4完している人が出ており、これは作戦負けしたのでは…?となっていました。
2問目からは前から解いていくことにしたのですが、まさかのA問題で2WA、破滅です。f:id:totori_nyaa:20191223175308p:plain

このあたりから自分が何回submitする権利があるのかがあやふやになり、毎回提出前に自分の飲んだ量と提出数を数えてました。
その後2問は順調に通し、D問題で1ケースだけ落ちて破滅。破滅です。

破滅してます。楽しそう。
その後来たドリンクを2分くらいで飲み干して無事AC。
結果は5完3ペナで5位でした。 f:id:totori_nyaa:20191223181521p:plain beetさん飲酒王おめでとうございます!!!!!!
ペナが無かったら3位だったんですね、ひえー。
飲酒量は地ビール3杯+カシスソーダ2杯でした。カシスソーダの度数は分からなかったので1杯1sub換算にしました。

競プロ忘年会

酔っぱらったまま忘年会会場のPFNに向かいました。


道を知っている人がいたのでスムーズに入れましたが、一人だと素面でも迷いそうな場所にあったので飲酒王決定戦に参加して良かったと心から思いました。はい。

テキトーな席に座って待っていると、chokudaiさんが後ろに来ました。

そしてこれは飲酒に強気な僕

LT

LT、面白かったです。
LTで得た知見
・オープンカップはチーム戦(古のつよつよチームも出るらしい)
バックギャモン、楽しそうだけど難しそう。ルールわかりませんでした。
バックギャモン界にはtouristが3人いる
IDE宗教戦争怖い。生でやってんの初めて見ました…
・2019年はプログラミング王が2人、最強プログラマーが1人、飲酒王もさっき決まった年
・ScratchでAtCoderが出来る ・マリオメーカーチューリング完全マリオメーカーAtCoderが出来る時代は来るのか
AtCoderの今と未来

懇親会

渾身の懇親をしました。いつものメンツからいつもじゃないメンツまでいろんな方と話せて楽しかったです。
最後は疲れたので1時間くらいずっと座ってました。

その後

ABCのために懇親会を15分ほど早く抜け出して帰宅しました。
お酒のせいで頭が痛いけどABCに出ると見事に冷えました。ひえ~

ととりなんだよなぁ
これは3か月ぶりにレートを下げてつまんねぇ状態に入っている僕。

ちなみにこれは前回レートを下げた時の成績です。 f:id:totori_nyaa:20191223184432p:plain

日付を見ると9/15となってますね。これはJAG夏合宿の懇親会の日なんですよね。つまり…?

ととりは懇親をするとレートが下がるのか、そっかぁ……

おわり